理想的な歯科医師求人情報ガイド


理想的な歯科医師求人情報ガイドブログ : 2017/01/17


高血圧(hypertension)の状態がある程度続くと、
体中の血管に重い負担がのしかかり、
身体中至る所の色々な場所の血管にトラブルがもたらされて、
合併症を招いてしまう率が高まるのです。

子どもの耳管の特性は、大人と比較して幅がある上に短めの形であり、
加えてほぼ水平になっているため、
様々なばい菌が潜り込みやすくなっているのです。
子どもがよく急性中耳炎になるのは、
これが原因です。

耳の奥の構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分けられますが、
この中耳に様々な黴菌やウィルスなどが付着して炎症になったり、
体液が溜まる症状を中耳炎と呼んでいます。

昨今、比較的若い世代で感染症である結核に抗えるだけの免疫力、
すなわち抵抗力を保持していない人々が増えたことや、
早合点のせいで受診が遅れることなどが主因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染の発生頻度が高くなっているようです。

ともすると「ストレス」は、「消すべき」「除外すべきもの」ものとされていますが、
実の所、私たちヒトは日々ストレスを経験しているからこそ、
生活し続けることに耐えられるようになっています。

触れあいなどで、患者がセラピーアニマルをとても可愛いと思った時に「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌され、
最終的にはストレスを軽減したり精神のヒーリングなどに結びつくのです。

アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione)には、
細胞の機能を下げたり変異を誘引するような害のある物質を身体の中で解毒し、
肝臓の力を良くする能力が分かっているのです。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する効果のあるナイアシンは、
苦しい宿酔によく効きます。
辛い二日酔いの素因とみられるエチルアルデヒドという物質の無毒化に力を発揮します。

スギの木の花粉が飛ぶ1月〜4月の間に、
幼い子どもが発熱はみられないのにしょっちゅうくしゃみしたり鼻水が止んでくれない症状に当てはまったら、
もしかしたら杉花粉症の可能性が高いといえるでしょう。