理想的な歯科医師求人情報ガイド


理想的な歯科医師求人情報ガイドブログ : 2016/05/12


インキンタムシ(陰金田虫)とは、
医学上は股部白癬(こぶはくせん)と呼び、
かびの一種である白癬菌が陰嚢、
股部、臀部などの部位に何らかの理由でうつり、
定着してしまう感染症のことで俗に言う水虫のことなのです。

汗疱状湿疹(汗疱)は主に手のひらや足の裏、
指の間などに細かな水疱が出る症状で、
広くはあせもと言い、足の裏に出てくると足水虫と混同されることも多くあります。

「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂肪やコレステロールが付着した状態の脂肪肝(fatty liver)という病気は、
動脈硬化や肝硬変を始めとした多くのトラブルの元凶となる可能性が高いと考えられています。

冠動脈の異常である狭心症の外科処置としてはほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング(IABP)」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス術(CABG)」の二者の治療がしきりに導入されています。

2005(平成17)年以降トクホ(特保)の入れ物において「食生活は主食、
主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との文言の記載が食品メーカーに義務付けられている。

AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を保有していない普通の人でも扱える医療機器で、
機器本体からの音声ガイダンスの通りに処置することで、
心臓が小刻みに振動する心室細動の緊急処置の効き目をみせてくれます。

エネルギーの源としてすぐに機能する糖分、
細胞の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、
度の過ぎた痩身ではこれらのように様々な活動を維持するために外すことができない栄養素までも乏しい状態にする。

ポリフェノール最大の特性は水溶性のV.C.(ビタミンC)やV.E.などとは性質が違い、
細胞間の水溶性部分に脂溶性部分、
加えて細胞膜でも酸化しにくくする作用を発揮するのです。

塩分と脂肪の摂取過多は避けて無理しない程度の運動に尽力するだけでなく、
ストレスの少ないような生活を意識することが狭心症を起こす動脈硬化を防ぐ方法だといえます。

折り目正しい穏やかな暮らしの保持、
腹八分目を心がけること、持続可能な体操など、古典的とも言える自分の健康への取り組みが肌のアンチエイジングにも関係するということです。